[インデックスページへ戻る] [記事トップ] [検索] [説明]
ろうあ児施設 金町学園

施設内虐待を考えるBBSへ

  +新着タイトル


新 着 一 覧

   03/12/08 (Mon)  都内ろうあ児施設で少女に性的虐待、職員を懲戒解雇
読売新聞 2003/12/08(Mon)
都内ろうあ児施設で少女に性的虐待、職員を懲戒解雇

 東京都葛飾区のろうあ児施設「金町学園」で、男性職員が女子入所者に性的虐待を繰り返し、懲戒解雇されていたことがわかった。

 都は週明けにも、施設を運営する社会福祉法人「東京愛育苑」(高柳博子理事長)に検査に入る方針。金町学園にはすでに、別の体罰事案で調査改善委員会が設置されている。児童福祉施設で相次いで明らかになる虐待に、施設管理のあり方が問われそうだ。

 性的虐待を繰り返していたのは30代の男性職員で、3年ほど前から施設内で10代の女子入所者の胸をさわるなどの行為を繰り返していたことが、この女子から相談を受けた別の入所者の訴えで発覚した。

 男性職員が事実を認めたため、東京愛育苑は11月末に懲戒解雇し、都に報告した。事態を重くみた都は詳しい事実関係を把握するため、立ち入り検査に入る。東京愛育苑では「詳しいことは調査中で、現時点ではコメントできない」としている。

 金町学園では今年8月、児童の1人が施設内で職員から体罰を受けたと都に訴え出たため、都は10月、東京愛育苑に弁護士や学者ら第三者による調査改善委員会を設置し、事実関係の解明と改善策を報告するよう求めたばかりだった。

 金町学園は1948年に設立され、全国に15か所あるろうあ児施設の1つ。首都圏では唯一のろうあ児施設で、5歳から20歳まで、聴覚に障害があって言葉がうまく話せない子ども二十数人を都内や神奈川、千葉などから受け入れており、施設の運営などにかかる費用は、国から支給されている。

 児童福祉施設では、3年前に千葉県の児童養護施設「恩寵園」で元職員が強制わいせつなどで逮捕されたほか、昨年11月に茨城県の児童養護施設「筑波愛児園」で園児に虐待をしていた職員が懲戒解雇されるなど、これまでもたびたび虐待が明るみに出ているが、表面化するのは氷山の一角にすぎないとの見方もある。

 「日本子どもの虐待防止研究会」理事の平湯真人弁護士は「施設内での虐待が相次ぐ背景には、恒常的な人手不足や、親代わりなので何をやってもいいという誤った認識を職員が持ちがちという構造的な側面もある。体罰の禁止や施設の責任者の資格を法律に明記し、職員の研修も充実させるなどの対策が必要」と指摘している。


   04/04/23 (Fri)  虐待見た児童の証言ウソ扱い…自覚欠如の金町学園
読売新聞ニュース 2004/04/23
虐待見た児童の証言ウソ扱い…自覚欠如の金町学園

 首都圏で唯一のろうあ児施設「金町学園」(東京都葛飾区)で、男性職員(35)(懲戒解雇)が入所女児に性的虐待を繰り返していた問題で、目撃した別の児童が虐待の事実を伝えたにもかかわらず、ウソ扱いされていたことが、第三者で作る調査改善委員会の報告書でわかった。
 園内では、一部の職員が児童あてのファクスを読んだり、携帯電話の着信履歴を勝手に見たりしていたことも判明。閉鎖的な施設の中で、日常的にプライバシー侵害行為がまかり通っていた実態が浮かび上がった。
 同園の男性職員による性的虐待は昨年11月、被害女児本人からの職員への訴えで発覚した。
 しかし、同園を運営する社会福祉法人・東京愛育苑が設置した調査改善委員会の調査では、発覚前に別の児童が虐待の現場を目撃し、職員に伝えていた。その職員が問いただしたところ、男性職員は否定。逆に通報した児童が疑われ、「証言に矛盾がある」として「虚言」と扱われていた。
 園内には、このほかにも、被害女児に対する男性職員の態度を不審に感じていた職員が多数いたという。このため、報告書は、兆候がありながら、「犯罪を防止できなかった」として、園の職員らについて、「職業倫理に対する自覚の欠如や、ごう慢な専門家意識がまん延していた」と厳しく指摘している。
 また、複数の児童は調査に対し、「外部からきたファクスを職員に読まれる」「1日遅れで渡される」などと回答。報告書は「聴覚障害者の子供にとって、ファクスや手紙は重要な通信手段で、職員は読んだり遅れて渡したりすべきではない」とクギを刺した。児童は夜間、携帯電話を職員室に預けることになっていたが、一部の職員は児童に無断で携帯電話の着信履歴を見ていたという。
 さらに、職員採用を巡っても、まず公共職業安定所に「夜間警備員」として求人票を出し、古参職員が自分たちとウマが合いそうかどうかを見極めた上で、児童を指導する立場の職員にするなど、施設長権限の空洞化や、東京愛育苑による管理監督の不徹底も明らかになった。
 児童福祉施設は利用者の声を吸い上げる苦情処理機関を設置するよう定められ、同園でも「苦情解決委員会」が置かれていたが、男性職員による性的虐待は把握できていなかった。
 東京愛育苑では委員会の報告を受けて、具体的な職員の研修方法などを盛り込んだ改善計画を、今月末までに都に提出する予定だ。
 全国児童養護施設協議会の福島一雄会長の話「閉鎖的な施設は独善的な運営に陥りがちで、苦情処理機能の充実以外にも、社会に対する情報開示や第三者評価などで、施設の内部を常に第三者の視線にさらすことが重要だ」


041107
- Web Diary -