[インデックスページへ戻る] [記事トップ] [検索] [説明]
児童養護施設 「成長の家 神の国寮」

   05/03/18 (Fri)  虐待 1000万超払い和解 国立・児童養護施設損賠訴訟
毎日新聞ニュース速報 2005/03/18(Fri)
<虐待 1000万超払い和解 国立・児童養護施設損賠訴訟>

 東京都国立市内の児童養護施設で暮らしていた埼玉県の男性(27)が、児童指導員(当時)から暴行を受けて左手に障害を負ったとして、施設を運営する「生長の家社会事業団」と元指導員に約7500万円の損害賠償を求めた訴訟が東京地裁八王子支部(松嶋敏明裁判長)で和解していたことが分かった。事業団と元指導員が責任を一部認め、連帯して損害金を男性に支払う内容。損害金は1000万円を超える額とみられる。

 関係者によると、和解は今年1月に成立。施設内虐待での後遺症が残ったことに対し、施設側が損害賠償する義務があることを認めるとともに、施設に再発防止に努めることを厳しく求めた内容になっている。

 男性は10歳だった87年7月に「生長の家神の国寮」で給食費が紛失した際に指導員に呼び出され、無実を訴えたが約5時間にわたり暴行されたと主張。左ひじと左手首を骨折し、左手は親指以外の指が曲がった状態で使えなくなったとして01年に提訴した。男性は96年に3級の障害者手帳の交付を受け、97年に施設を出たが、障害のため定職につけない状態という。
 03年6月、法廷で証言した元指導員は、男性への暴力は否定したが「寮生が言うことを聞かないと、教育的配慮から手を上げた」「(指導員の体罰を禁止する)厚生労働省通達は理想論で、体罰は仕方ないと思っていた」と日ごろ寮生に暴行していたことを認めた。
 男性の弁護団は「施設内虐待の損害金としては前例のない高額。施設内の処遇の向上を求めていきたい」と評価した。
 生長の家社会事業団は「和解内容は他言できない」とコメントした。【青島顕】
読売新聞 3月18日
体罰で後遺症の元寮生、児童養護施設と和解

 東京都国立市の児童養護施設に入寮していた埼玉県の男性(27)が、1987年に体罰を受けて後遺症を負ったとして、施設を運営する財団法人「生長の家社会事業団」と元男性指導員に約7500万円の損害賠償を求めていた訴訟が、東京地裁八王子支部(松嶋敏明裁判長)で和解したことが分かった。

 事業団側が責任を一部認め、連帯して損害金を支払う。損害金は数千万円とみられ、男性側の弁護団は「施設内虐待の損害金としては前例のないほど高額」としている。

 訴状によると、1987年7月、当時10歳だった原告の男性は、国立市の「生長の家神の国寮」寮内で、金銭が紛失した際に犯人と決めつけられ、元男性指導員やほかの寮生らに暴行され、左手の指などに後遺症を負った。2001年4月に提訴した。

 関係者によると、和解協議は04年12月中旬、同支部で開かれ、<1>暴行による後遺症に対し、事業団側が損害賠償する義務を認める<2>施設での再発防止に努める――などの点で合意した。

 裁判で、事業団側は「指導員のすきをついて、ほかの寮生が原告をけり飛ばしたため、指導員が急いで引き留めた」と主張、「後遺症も治療を受けた病院でギプスを締め付けすぎた医療ミスによるもの」と、全面的に争っていた。

 男性側の代理人は、「見舞金ではなく、施設側が損害賠償義務を認めた損害金を支払うことで合意した」と和解内容を評価。事業団は、「被害者救済の見地から和解に応じることにした」としている。


- Web Diary -