[インデックスページへ戻る] [記事トップ] [検索] [説明]
北海道の児童養護施設

施設内虐待を考えるBBSへ

  +新着タイトル
 *04/05/14 (Fri)    8養護施設で体罰・暴言


新 着 一 覧

   04/03/03 (Wed)  児童養護施設で体罰 北海道が特別監査、指導へ
共同通信 2004/03/03
児童養護施設で体罰 北海道が特別監査、指導へ

 北海道中央部の社会福祉法人が運営する児童養護施設の職員が、入所児童に体罰を加えていたことが3日までに道が実施した社会福祉法に基づく特別監査で分かった。
 全国の児童養護施設が預かる児童の約半数は、家庭での虐待の被害経験があるとされ、体罰は精神的に深刻な影響が懸念される。道は近く施設に行政指導を行い、改善計画の提出を求める方針。
 道によると、施設の複数の職員が、少なくとも過去1年間にわたり、児童数人の頭や尻をたたいたり、胸ぐらをつかんで厳しく注意するなどしていた。治療が必要なけがをした例はなかった。
 監査に対し施設側は「いたずらをしたり、ぐずぐずして学校に行かない時に、しつけとしてたたいた」と話している。
 この施設になじめず、2月に札幌市内の児童相談所に一時保護された入所者(16)が体罰を証言して、発覚した。
 北海道子ども未来づくり推進室は「しつけ、という理由でも体罰は一切認められない」としている。


   04/05/14 (Fri)  8養護施設で体罰・暴言
Asahi.com 5/14/2004
8養護施設で体罰・暴言
− 道調査  ほお平手打ち・尻たたき −


 道内の児童養護施設の3分の1にあたる8施設で、職員が子どもに対し体罰を加えたり、暴言を吐いたりしていたことが道の調査で分かった。

 児童相談所が、道内の24施設で働く全職員の8割にあたる520人と、全入所児童の2割にあたる336人を対象に体罰の有無などを聞き取り調査した。

 その結果、▽注意に口答えした小学生のほおを平手打ち▽学校に行きたがらない児童の尻をたたいた▽いたずらをした子どもに「施設にいられなくなる」と言ったなどの例がわかった。件数は報告がなかった。けがなどの例はなかったという。

 職員の中からは「他の子に暴力を振るう子どもにはゲンコツ程度はする」「暴力で向かってくる中学生は殴ることでしか止められない」などの意見がだされたという。

 道は今後、8施設の指導監査に入り、事実を確認したうえで「厳しく対処する」としている。また、職員が体罰をしつけの一部ととらえていたり、子どもを指導する技術が未熟だったりすることが問題の背景にあるとして、児童相談所による施設職員の支援を強化する。

 調査は一部の施設で職員の暴行事案が明らかになったのをきっかけに、3月から行われていた。  


   04/05/12 (Wed)  北海道の8児童養護施設で体罰 聞き取り調査で判明
Asahi.com 5/12/2004
北海道の8児童養護施設で体罰 聞き取り調査で判明

 北海道の児童養護施設の3分の1にあたる8施設で、職員が子どもに対し体罰を加えたり、暴言を吐いたりしていたことが道の調査で分かった。

 児童相談所が、道内の全24施設で働く職員と入所児童を対象に聞き取り調査をしたところ、▽注意に口答えした小学生のほおを平手打ち▽学校に行きたがらない児童の尻をたたいた▽いたずらをした子どもに「施設にいられなくなる」などの例がわかった。けがなどの例は報告がなかった。

 職員の中からは「他の子に暴力を振るう子どもにはゲンコツ程度はする」「暴力で向かってくる中学生は殴ることでしか止められない」などの意見がだされたという。

 道は今後、8施設の指導監査に入り、事実を確認したうえで「厳しく対処する」としている。


044003
- Web Diary -