[インデックスページへ戻る] [記事トップ] [検索] [説明]
児童養護施設  中心子どもの家

施設内虐待を考えるBBSへ

  +新着タイトル


新 着 一 覧

   00/02/27 (Sun)  養護施設副園長、金づちで高1殴る 相模原で7年前 /神奈川
2000/02/27 朝日新聞 東京地方版/神奈川 神奈川版
養護施設副園長、金づちで高1殴る 相模原で7年前 /神奈川

 相模原市田名の児童養護施設「中心子どもの家」(加藤田稔園長)で一九九三年、入所している高校一年生の男子の頭を、副園長が金づちで殴りけがを負わせていたことが二十六日までに分かった。今年一月、匿名の手紙が県社会福祉協議会に届き、施設を運営する社会福祉法人「中心会」が内部調査をしていた。同会は、自主的に報告書をつくり県などに提出した。

 報告書によると、副園長は一九九三年一月十一日、無断外泊などをした高校生を注意した。高校生の態度が反抗的で、こぶしにはめる武器を持っていたとして、金づちで体や頭を数発殴ったという。高校生は頭に三針縫うけがをした。

 事件は園長に報告されたが、理事会では取り上げられなかった。副園長は処分されずに、九五年三月に定年退職。別の幹部職員が、職員に向かってコップを投げる行為もあったという。

 同会は「施設の不適正な運営により、心身両面に渡る苦痛、損害を被られた皆様に心からおわび申し上げる」として、近く関係者を処分するという。


045630
- Web Diary -