[インデックスページへ戻る] [記事トップ] [検索] [説明]
児童養護施設 知多学園八波寮

施設内虐待を考えるBBSへ

  +新着タイトル
 *02/04/10 (Wed)    知多学園児童権利ノート


新 着 一 覧

   02/04/10 (Wed)  知多学園児童権利ノート
知多学園児童権利ノート


1.あなたは、かけがえのない一人として、大切にされます。
あなたも知多学園で一緒に生活する友達や地域の人たち、一人ひとりを大切にしてください。

2.あなたは、知多学園の職員や児童相談所の先生が自分のことをどのように考えているのかを知ることができます。
間違って理解されていたり、自分の考えと異なっているときは、良く話し合いましょう。

3.あなたは、自由にものごとを考えたり、自由に宗教を信じたりすることができます。
このため、他人の権利や自由を妨げたり迷惑をかけたりしないでください。

4.あなたは、家族と会ったり、手紙を書いたり、電話をかけたりして交流を続けることができます。
でも、あなたの心を傷つけてしまうことがあるときは、会わせてあげられないこともあります。

5.あなたは、自分に意見や希望について、何でも自由に言うことができます。
あなたも他の人の意見や考えを大切にしてください。

6.あなたは、新聞、本、テレビ、ラジオなどさまざまなものから、いろいろなことや考え方を知ることができます。
でも、あなたの心や体のためにならないものもありますから、「だめだよ」と言われることもあります。
でも、どうしていけないのかわからないときには、「どうして」と聞いてください。ちゃんと説明します。

7.あなたのプライバシー(家族のことや自分の記録など個人的な秘密)は、大切に守られています。
あなたも、他の人のプライバシーを守り大切にしてください。

8.あなたは、生まれたときのことや、育ってきたときのこと、また家族について知ることができます。
  でも、あなたの心を傷つけると思われるときには、あなたが成長するまで、お話できないときもあります。

9.あなたは、殴られるなど痛い目にあったり、いじめられたり、仲間はずれにされたり、食事やおやつを抜かれたり、名誉を傷つけられたりすることはありません。
あなたも、他の人をいじめたり、傷つけたりしないでください。

10.あなたは、健康で元気に成長できるように、知多学園では、栄養のある食事、ゆっくり   
休める住まい、清潔な寝具、必要な服などが用意されます。

11.あなたは、食事、洋服、住まいのことなどについて、希望や意見を言うことができます。
  職員とよく話し合い、健康で元気に楽しく生活できるようにしてください。

12.あなたは、進学だけでなく、資格をとるための勉強や職業につくために体験実習などを受けることができます。

13.あなたは、考えていることや思っていることを、人に話したり、歌ったり、絵にすることなどで表現できます。さらにスポーツなどいろいろなレクリエーションを楽しんだり、またそのためのグループをつくることができます。これらのことをあなたが実現できるように、知多学園の職員はできるかぎり応援します。
  ただ、このことで他の人に迷惑をかけたり、人の心を傷つけるようなことはしないでください。

あなたが困った時の連絡先
(1) 相談員のお名前 社会福祉法人知多学園 理事長 ○○ ○
住所
電話番号
(2) 相談員のお名前 半田児童相談所
住所 半田市宮路町一丁目一番地
電話番号 0569−22−3939
(3) 相談員のお名前 常滑市役所 児童相談
住所 常滑市新開町四丁目一番地
電話番号 0569−35−5111


   04/04/01 (Thu)  県、知多学園に改善命令−−事務見直しや権限乱用など
毎日新聞 愛知版 2004/4/1
県、知多学園に改善命令−−事務見直しや権限乱用など

 県は31日、児童養護施設で着服や体罰が行なわれていたとして、施設を経営する常滑市の社会福祉法人「知多学園」(磯部正理事長)に、経理事務の見直しや職員の権限乱用などを改めるよう、改善命令と改善勧告を行った。

 改善命令の対象となったのは、同学園の「松籟荘(しょうらいそう)」と「八波寮」の、ともに児童養護施設。松籟荘では、職員が02年10月から03年5月にかけて、業者に振り出す小切手を重複して発行して現金化し、計約915万円を着服していた。同学園は03年7月、この職員を諭旨退職とした。

 八波寮では、理事長や指導員が児童を平手でたたくなどの体罰があったことが判明。確認できたのは2例だが、「よく殴る先生がいる」との児童の証言もあり、改善を勧告された。

 このほか両施設では▽非常勤職員の勤務実態を確認せずに給与を支払っていた▽入札を実施するべき工事で、見積書の提示だけで業者を決めていた――などの事例があり、改善命令の対象となった。【相良美成】


   04/03/31 (Wed)  社会福祉法人知多学園の運営の適正化について
社会福祉法人知多学園の運営の適正化について


 社会福祉法人知多学園に対し社会福祉法(昭和26年法律第45号)第55条第1項及び児童福祉法(昭和22年法律第164号)第46条第1項に基づく検査を実施したところ、運営において著しく適正を欠く事項が認められたため、社会福祉法第56条第2項に基づく改善命令並びに児童福祉法第46条第3項に基づく改善勧告を行いました。



1 改善命令・改善勧告月日
  平成16年3月31日(水)

2 社会福祉法人知多学園の概要
 (1)代表者  理事長 磯部 正
 (2)法人所在地 常滑市末広町2−1
 (3)設立年月日 昭和41年6月16日
 (4)役員等の状況 理事7人、監事2人
 (5)事業内容 ・児童養護施設等7施設の設置経営
         ・老人短期入所事業等9事業の実施

3 運営において著しく適正を欠く事項
(1) 児童養護施設知多学園松籟荘において、事務職員が不正に小切手を振り出し、現金化した9,158,534円を机の引き出し等に貯め込んでいた。
 また、寄付金が直ちに収入されず、経理事務が不適切であった。
(2) 児童養護施設知多学園八波寮において、入札手続が行われていないにもかかわらず入札を行ったように装っていた。
(3) 平成14年4月以降、知多学園松籟荘の非常勤職員の出勤状況を十分に把握しないままに給料が払われていた。
(4) 知多学園八波寮において、職員による児童に対する体罰が行われていた。(児童福祉施設最低基準第9条の2違反)
(5) 知多学園松籟荘において、本来、医務室として使用すべきところ、宿直室として常用していた。(児童福祉施設最低基準第41条5号違反)

4 改善命令・改善勧告の内容
(1) 改善命令
 ア 経理事務にずさんな点が見受けられるので、経理事務のあり方を見直すとともに、法人及び各施設における事務の責任体制及び相互牽制機能を整理、強化すること。
 イ 非常勤職員の勤務状況を出勤簿等により正確に把握するとともに、その給料は実際の勤務に見合った適正な金額とすること。
(2) 改善勧告
 ア 児童の処遇に当たっては、教育指導の手段としても体罰が行われることのないよう、懲戒に関わる権限の濫用禁止について徹底すること。(知多学園八波寮)
 イ 直ちに医務室を設置し、他の目的のために使用しないこと(知多学園松籟荘)

〔参考〕知多学園の経営施設
   ****省略****


041256
- Web Diary -